タイハン(太行)山脈(読み)タイハンさんみゃく(英語表記)Taihang shanmai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「タイハン(太行)山脈」の解説

タイハン(太行)山脈
タイハンさんみゃく
Taihang shanmai

中国東部,シャンシー (山西) 省とホーペイ (河北) 省の境をなす南北方向の山脈。南部はホーナン (河南) 省との境にかかり,北東端はペキン (北京) 市西部にいたる。平均標高は 1500m。ホワントー (黄土) 平原の東縁にあたり,東は断層崖でホワペイ (華北) 平原に接している。西斜面はゆるやかで,黄土層が堆積し,チャンチー (長治) ,ピンティン (平定) ,チンチョン (晋城) などの盆地が発達。シーヤン (昔陽) 県のターチャイ (大寨) 人民公社は,文化大革命期には悪条件を克服した農業建設の模範とされた。東麓には複合扇状地が発達し,シーチヤチョワン (石家荘) 市,ハンタン (邯鄲) 市などが立地している。北部と東斜面はハイ (海) 河,西斜面はフェン (汾) 河,南部はホワン (黄) 河の流域である。古くから「太行八けい」と呼ばれる峠道が開かれ,ピンシン (平型) 関,ニヤンツー (娘子) 関,ティエンチン (天井) 関などの関がおかれた。鉄と石炭の埋蔵がきわめて豊富で,炭鉱はシャンシー省のヤンチュワン (陽泉) 市,チャンチー市,ホーペイ省のハンタン市,チンシン県,ペキン市の西郊にあり,鉄鉱はシャンシー省ファンシー (繁峙) 県,ヤンチュワン市,チンチョン県などで採掘されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android