コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイムイル Taimyr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイムイル
Taimyr

ロシア中東部,東シベリア,クラスノヤルスク地方に属する旧自治管区。同地方北部を占める。中心地ドゥジンカ。別称ドルガンネネツ Dolgano-Nenetskii。1977年までタイムイル民族管区。2007年エベンキ自治管区とともにクラスノヤルスク地方に統合された。ブイランガ山脈の連なるタイムイル半島,その南に続く北シベリア低地,および中央シベリア台地北部からなり,西部をエニセイ川が北流する。北極海洋上のセーベルナヤゼムリャーもこの地域に属する。大部分がツンドラ地帯に入り,南部に森林ツンドラがみられる。厳しい大陸性気候で,長い厳寒の冬のあとに短く冷涼な夏がくる。ドルガン人(自称サハ人)とネネツ人の居住区であるが,住民に占める割合は両民族合わせて 20%に満たない。主要産業は漁業・水産加工,狩猟,毛皮獣飼育で,南西部のプトラナ高原西麓では,ノリリスクを中心に鉱業(ニッケル,銅,白金)が盛んである。タイムイル半島沿岸に北洋航路が通り,ドゥジンカ,ジクソン,ノルドビクなどの港がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タイムイルの関連キーワードオクチャーブリスカヤレボリューツィヤ島サモイェード語派コムソモーレツ島ビリキツキー海峡チェリュスキン岬ボリシェビク島タイムイル湖ラプテフ海ガナサン族ドルガン族ネネツ族

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android