コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイリクバラタナゴ Rhodeus ocellatus ocellatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイリクバラタナゴ
Rhodeus ocellatus ocellatus

コイ目コイ科の淡水魚。全長 6cmになる。体はやや延長し,側扁する。口ひげはない。側線は不完全。雄の尾鰭の中央に細長い赤色斑がある。観賞魚。原産地はアジア大陸東部と台湾で,日本へは 1940年代に中国のチャン(長)江からハクレンなどに混入して移殖された。以来,全国的に分布を広げている。日本の固有亜種であるニッポンバラタナゴ R.o.kurumeus は中部地方と西日本に分布する。タイリクバラタナゴの腹鰭の前縁は白色を呈するが,ニッポンバラタナゴでは白線は不明瞭である。ニッポンバラタナゴは外来種であるタイリクバラタナゴと交雑することがあり,近年ニッポンバラタナゴの純系が激減,保存が急務とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のタイリクバラタナゴの言及

【タナゴ(鱮)】より

…マタナゴとは体の細長いグループで,大部分はヤリタナゴ,それに少数のタナゴ(和名)とアカヒレタビラA.tabiraが含まれる。オカメタナゴとは体高の高いグループを指し,第2次世界大戦前はゼニタナゴのことであったが,戦後は移殖種のタイリクバラタナゴR.ocellatus ocellatus(イラスト)がこれに入れ代わっている。タイリクバラタナゴは戦時中に長江(揚子江)からソウギョの種苗に混じって輸入され,利根川水系に爆発的に繁殖したものである。…

※「タイリクバラタナゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タイリクバラタナゴの関連キーワード日本薔薇鱮薔薇鱮

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タイリクバラタナゴの関連情報