コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカトウダイ(高灯台) タカトウダイEuphorbia pekinensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タカトウダイ(高灯台)
タカトウダイ
Euphorbia pekinensis

トウダイグサ科の多年草。アジア東部の温帯に分布し,日本では本州,四国,九州の山野に生える。茎は直立し,高さ 70cm内外に達し,細かい毛がある。全草に白い乳液を含み傷つけると分泌する。葉は互生し,長さ3~8cmの披針形ないし長楕円形,縁に細かい鋸歯がある。茎の先に披針形の葉を5枚輪生し,その基部から各1本の枝が傘形に出る。6~7月頃,茎の頂部に黄緑色の杯状花序をつける。小総包は癒合して壺状となり,内部に数個の雄花と,1個の雌花がある。雄花はおしべ1本,雌花はめしべ1本でできていて花被にあたるものはない。漢方ではこの根茎を干したものを大戟 (たいげき) と呼び利尿剤に用いるが毒性も強い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タカトウダイ(高灯台)の関連キーワードトウダイグサ(灯台草)トウダイグサ科

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android