コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカン TACAN; tactical air navigation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タカン
TACAN; tactical air navigation

軍用機の短距離航法援助用の通信電子装置。戦術航空方式,あるいは戦術用航法装置と訳される。地上または艦上タカン装置と機上タカン装置からなり,機上で地上 (あるいは艦上) 局までの距離と方位が同時に,かなりの精度をもって測定できる。従来の距離測定装置 DMEと,方位を測定する超短波全方向式無線標識 VOR (VHFオムニディレクショナルレンジ) とを合わせたもので,同一周波数を使用し,パルスコードによって区別する。通常,機上に質問装置が搭載され,地上 (あるいは艦上) に応答装置が備えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

タカン【TACAN】

〖tactical air navigation〗
航空機航法援助システムの一。方位と距離情報を極超短波によって航空機に与える。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

タカンの関連キーワードブルーリッジ級揚陸戦指揮艦武田薬品工業(株)バリバラト国立公園クスノキ(樟)VOR/TAC朝比奈 泰彦輪かんじき石館 守三カンファー朝比奈泰彦田村 憲造クオーコ極超短波小林芳人航空通信田村憲造クォーコ強心薬軍用機ゆた

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android