タキン・タン・トゥン(英語表記)Thakin Than Tun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タキン・タン・トゥン
Thakin Than Tun

[生]1911. カンユートクウィン
[没]1968.9.24.
ビルマ (現ミャンマー) の政治家。ラングーンの師範学校を経て,同地で高校教師となった。 1939年タキン党に入党。 42年バ・モー内閣の土地農業相となり,同時に地下抵抗運動の指導者となった。第2次世界大戦後,反ファシスト人民自由連盟書記長。 46年赤旗共産党が地下に潜行すると,白旗共産党を結成,反ファシスト人民自由連盟と協力したが,ウー・ヌ首相と対立,48年反乱に踏切りゲリラを組織。 64年ビルマ共産党が親ソ,親中国両派に分裂すると,親中国派を支持。 67年白旗共産党内の「修正主義者」を追放。しかし,68年党員の中国人青年に殺害された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android