コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タキー・ザーデ Taqī Zādeh, Ḥasan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タキー・ザーデ
Taqī Zādeh, Ḥasan

[生]1877. タブリーズ
[没]1970
イランの政治家,文化人。タブリーズのイスラム聖職者の家に生れ,書店を開業。扱った外国の書物,新聞から外国の進歩を知り,啓蒙思想をいだく。 1904年ザカフカジエ,カイロに旅行し,05年帰国。国民議会の第1議会にタブリーズ商人組合代表として当選し,イランの改革を唱えたが,聖職者の保守派と対立した。またタブリーズ・アンジュマンを創設して,市民の武装を準備した。議会砲撃事件ではイギリス公館に逃れ,次いで国外に追放された。国外でイラン人民族運動家と接触し,また外国新聞にイラン立憲革命支持を訴えた。立憲制回復とともに帰国し,第2議会代議士となり,「デモクラート党」の党首となり,急進派を代表。レザー・シャー期に要職につき,第2次世界大戦後に上院議員に選出された。イラン文化史関係の著述が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タキー・ザーデの関連キーワード黒人問題鉄鋼業[各個指定]工芸技術部門アラバール多国籍企業野村芳太郎フー[各個指定]芸能部門世界のおもな博物館アモン・デュール

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android