コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タケトラカミキリ たけとらかみきり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タケトラカミキリ

トラカミキリ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タケトラカミキリ
たけとらかみきり / 竹虎天牛
[学]Chlorophorus annularis

昆虫綱甲虫目カミキリムシ科に属する昆虫。本州以南の日本各地、朝鮮半島、中国、台湾から南方熱帯域に広く分布し、竹材とともにヨーロッパ、アメリカにも侵入した。体長12ミリメートル内外。細形で灰黄色の毛を密生し、前胸は球形で背部に火の字形の黒い紋があり、上ばね両側には前から半環形、横帯、円形の三黒紋がある。成虫は7、8月に多く現れ、枯れたタケに産卵し、幼虫はその材中で育ち、翌年の初夏に蛹(さなぎ)になる。食害するタケはマダケ、モウソウチクの若いものが多く、トウモロコシにつくこともある。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタケトラカミキリの言及

【トラカミキリ】より

…幼虫は樹皮下を食べてつるを枯らすため害虫として知られる。またタケトラカミキリChlorophorus annularisの幼虫はマダケ,モウソウチクなどに穿孔する害虫として知られる。【林 長閑】。…

※「タケトラカミキリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

タケトラカミキリの関連キーワードモウソウチク

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android