コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タコヒトデ タコヒトデ Plazaster borealis

3件 の用語解説(タコヒトデの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タコヒトデ
タコヒトデ
Plazaster borealis

棘皮動物門ヒトデ綱叉棘目ヒトデ科。丸い盤から 22~39本もの腕を出す大型のヒトデで,腕長は最高 21cmにもなる。腕の基部は細くなって盤に接続するので切れやすく,そのため再生中の短い腕が混っていることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

タコヒトデ【Plazaster borealis】

ヒトデ綱ヒトデ科の棘皮(きよくひ)動物。本州北部以北に分布し,干潮線下に生息する。直径5~6cmの丸い盤から22~39本のタコの腕を思わせる細長い腕がでている。おのおのの腕は基部がくびれて切れやすく,そのために再生中の短い腕もあって長さは等しくない。腕の長さはほぼ15cmほどであるが,20cm以上になるものもある。色は赤みがかった薄い紫色で,斑紋が散在する。表面は網目状になっていて,小さい棘が一様に分布し,棘の基部には,叉棘(さきよく)が数個とりまいている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タコヒトデ
たこひとで / 蛸海星
[学]Plazaster borealis

棘皮(きょくひ)動物門ヒトデ綱ヒトデ科に属する海産動物。体の中央部が丸い盤となり、そこから放射状にタコの脚(あし)のような腕が20~40本伸び出たヒトデ。腕は切れて落ちやすいが、再生しやすく、再生腕は短小なので、腕の長さは全体として不ぞろいとなる。直径40センチメートル近くになる。体色は一様でなく、淡紫色と赤色の斑(ふ)が混じり合う。二枚貝を食害する習性があり、水産業上の有害動物とされる。北海道と本州北部の沿岸部に分布する。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タコヒトデの関連キーワードコブヒトデスナヒトデヤツデヒトデ蜘蛛海星海星チョウセンクモヒトデニチリンヒトデ(日輪海星)ヒトデ(海星∥人手)ヒメヒトデ(姫海星)マンジュウヒトデ(饅頭海星)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone