タチガシワ(読み)たちがしわ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タチガシワ
たちがしわ / 立柏
[学]Cynanchum magnificum Nakai

ガガイモ科の多年草。茎は直立し、高さ30~60センチメートル。葉は茎の頂に集まってつき、広卵形で先は短くとがる。5~6月、葉腋(ようえき)に黄褐色花を開く。花冠は深く5裂し、毛はなく、副花冠は小さい。果実は2個で細く、斜め上を向く。山地帯の林内に生え、本州、四国に分布する。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android