コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副花冠 フクカカン

デジタル大辞泉の解説

ふく‐かかん〔‐クワクワン〕【副花冠】

花びらの内側にある弁状の付属物。スイセンなどにみられる。副冠。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

副花冠
ふくかかん

花冠または花被(かひ)の内部にある花冠状のものをいい、副冠ともいう。形態的由来はさまざまであり、マンテマ(ナデシコ科)では花冠上の突起、スイセンでは雄蕊(ゆうずい)(雄しべ)の付属物と考えられている。[田村道夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

副花冠の関連キーワードラッパズイセン(喇叭水仙)キズイセン(黄水仙)イヨカズラ(伊予葛)トケイソウ(時計草)パッションフルーツリンドウ(竜胆)ショウキズイセンフウセントウワタスイセン(水仙)ラッパスイセンクサタチバナキュウリグサヒメノカリスガガイモ科トケイソウイヨカヅラヒガンバナタチガシワスタペリアガガイモ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android