キョウチクトウ科(読み)キョウチクトウか(英語表記)Apocynaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キョウチクトウ科
キョウチクトウか
Apocynaceae

双子葉植物リンドウ目の1科。熱帯地方を中心に,温帯の乾燥地にも分布し,180属 1500種ほどが知られている。高木,低木から草本まであるが,つる植物が多く,熱帯雨林で樹木にはい登るいわゆるリアナ lianaにはこの科のものが多い。植物体に乳液を含み,多くは有毒である。葉は対生するものが多いが,3輪生や互生するものもある。花は通常円錐花序につき,個々の花は5弁で鐘形合弁花冠をつくる。つぼみのとき回旋する特徴がある。おしべは5本。めしべは上位子房が明瞭に2裂し,果実は2分果,または2裂する蒴果液果状となる。美花をつけるものが多く,また芳香があって観賞用の栽培種が多い。キョウチクトウ Nerium,プルメリア Plumeria,ニチニチソウ Vinca,アリアケカズラ Allamandaなどの各属が代表的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キョウチクトウ科
きょうちくとうか
[学]Apocynaceae

双子葉植物、合弁花類。常緑の木または多年草。茎や葉を傷つけると白い液を出す。葉は対生し、まれに互生または輪生するものもあり、鋸歯(きょし)はない。花は両性で放射相称。花冠は漏斗(ろうと)形または高坏(たかつき)形で、先は5裂し、裂片はつぼみのとき渦巻状に畳まれる。雄しべは5本で花筒上につき、先端が球状または輪状に膨らんだ花柱を取り巻く。果実は二又(ふたまた)に分かれる袋果(たいか)または液果である。種子は多数で、多くは末端に毛または翼がある。おもに熱帯に分布し、150属1500種ほど知られる。日本には8属11種あり、キョウチクトウ、ニチニチソウ、テイカカズラなどが栽培され、インドジャボク、ストロファンツスなどが薬用として知られる。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キョウチクトウ科の関連情報