コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タチゴケ

2件 の用語解説(タチゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タチゴケ

蘚類のスギゴケタチゴケAtrichumの総称。世界に約40種,うち日本に4種ある。スギゴケ属と異なり葉の表面の薄板は中央脈の部分に限られ,葉の大部分は1層の細胞からなり乾くと著しく巻縮する。蒴(さく)は曲がった円筒状で先端はくちばし状に長く突出し,この特徴に基づき,英名はcrane’s‐bill mossという。蒴帽は無毛。ナミガタタチゴケA.undulatum (Hedw.) P.Beauv.は北半球に広く分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タチゴケ
たちごけ
[学]Atrichum undulatum (Hedw.) Beauv.

コケ植物スギゴケ科の1種。半日陰地の湿土上に群生し、高さ2センチメートル内外で、濃い緑色を呈する。葉は細長い披針(ひしん)形で、長さ8ミリメートル前後、波状の横じわが多数ある。中肋(ちゅうろく)部以外は一層の細胞からできていて薄い。雌雄異株。(さく)は円筒形で、長さ2~3センチメートルの柄(え)をもつ。蓋(ふた)(蘚蓋(せんがい))は細長い突起をもち、帽(ぼう)(蘚帽)は薄い膜質。北海道から九州にかけてみられ、苔庭(こけにわ)に植えられることが多い。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タチゴケの関連キーワード苔植物蛇苔白髪苔杉苔蘚帽蘚類泡苔馬杉蘚大杉蘚銀蘚

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タチゴケの関連情報