コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タチゴケ

世界大百科事典 第2版の解説

タチゴケ

蘚類のスギゴケ科タチゴケ属Atrichumの総称。世界に約40種,うち日本に4種ある。スギゴケ属と異なり葉の表面の薄板は中央脈の部分に限られ,葉の大部分は1層の細胞からなり乾くと著しく巻縮する。蒴(さく)は曲がった円筒状で先端はくちばし状に長く突出し,この特徴に基づき,英名はcrane’s‐bill mossという。蒴帽は無毛。ナミガタタチゴケA.undulatum (Hedw.) P.Beauv.は北半球に広く分布。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タチゴケ
たちごけ
[学]Atrichum undulatum (Hedw.) Beauv.

コケ植物スギゴケ科の1種。半日陰地の湿土上に群生し、高さ2センチメートル内外で、濃い緑色を呈する。葉は細長い披針(ひしん)形で、長さ8ミリメートル前後、波状の横じわが多数ある。中肋(ちゅうろく)部以外は一層の細胞からできていて薄い。雌雄異株。(さく)は円筒形で、長さ2~3センチメートルの柄(え)をもつ。蓋(ふた)(蘚蓋(せんがい))は細長い突起をもち、帽(ぼう)(蘚帽)は薄い膜質。北海道から九州にかけてみられ、苔庭(こけにわ)に植えられることが多い。[井上 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タチゴケの関連キーワードカラタチゴケスギゴケ属スギゴケ類コケ植物ラマリナ地衣類井上杉苔