タチドコロ(立野老)(読み)タチドコロ(英語表記)Dioscorea gracillima

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タチドコロ(立野老)
タチドコロ
Dioscorea gracillima

ヤマノイモ科のつる性の多年草。北海道を除く日本および中国中部の温帯に分布し,山地に普通にみられる。多肉質の地下茎は分枝して横にはい,茎は初め直立するがのちに他物にからみついて伸びる。葉は心臓形あるいは長楕円形で,浅い波状縁をもち長い葉柄をもつ。雌雄異株で,夏に雄花は上向きの複穂状をなし,雌花穂状花序をなして垂れ下がり,いずれも黄色6弁の小花をつける。果実は 蒴果で,円形の翼をもつ種子を包む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android