コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タッチインターフェース タッチインターフェース touch interface

2件 の用語解説(タッチインターフェースの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

タッチ‐インターフェース(touch interface)

ディスプレーなどに指やペンで直接触れることでデータ入力や指示をするユーザーインターフェースの総称。タッチUI。→タッチパネルマルチタッチインターフェースタッチレスインターフェース

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タッチインターフェース
たっちいんたーふぇーす
touch interface

指やタッチペンなどを使用してモニター等の表示部分に直接触れて、機器の操作を行うためのインターフェース。代表的なものとしては、エレベーター行き先を指示するボタンATM、券売機の操作画面、スマートフォンやWindows 7(ウィンドウズセブン)以降のOS搭載パソコンに装備されているタッチパネルがある。マウスやキーボード、機械式のスイッチと比較してより直感的に操作でき、個人向け端末のみならず、業務用端末などにも応用範囲は広がっている。
 タッチインターフェース自体は決して新しいものではなく、コンピュータの性能が低かったため実用化はしなかったものの、そのコンセプト自体は1960年代に登場している。技術的にみると、複数のタッチ部分を同時に認識する技術は、マルチタッチとしてすでに実用化しており、さらに、触れ方や手の形などを認識する技術の開発が進んでいる。操作対象も必ずしもディスプレーとは限らず、物体のあらゆる表面を入力装置とし、入力時に触った対象から受け取る感触をつけたり、凹凸をつけたりする技術も開発されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タッチインターフェースの関連キーワードELディスプレー陰極線管ディスプレーオープンディスプレーカラーディスプレーキャラクターディスプレーパネルディスプレーブラウン管ディスプレーフラットパネルディスプレーRetinaディスプレーキャンディスプレー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タッチインターフェースの関連情報