コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タニス朝 タニスちょうTanite Dynasty

1件 の用語解説(タニス朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タニス朝
タニスちょう
Tanite Dynasty

古代エジプトの第 21王朝 (前 1085頃~944頃) 。ナイルデルタ北東部にあった都市タニス出身の7人の王が支配し,この町を首都としたことからタニス朝と呼ばれる。第 20王朝のラムセス 11世の死後,タニスの君侯セメンデスが第 21王朝初代の王となったが,ラムセス存命中,クシュの総督ヘリホルテーベで王の称号を獲得しており,クシュには支配が及ばなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

タニス朝の関連キーワード除夜の鐘転換株式ハッシウム職員団体水滸伝除夜の鐘フライ級種類株式議決権送達

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone