コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職員団体 しょくいんだんたい

4件 の用語解説(職員団体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

職員団体
しょくいんだんたい

公務員がその勤務条件の維持改善をはかることを目的として組織する団体。第2次世界大戦後,公務員については,しばらくは労働三権が認められていた。しかし 1948年以後,団体交渉権争議権が否認され,さらに現行の国家公務員法および地方公務員法では,通常の労働組合の結成も否認され,一般の労働組合とは異なる職員団体の制度が設けられている (国家公務員法 108条の2以下,地方公務員法 52以下) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょくいん‐だんたい〔シヨクヰン‐〕【職員団体】

現業職員など特定の職員を除く一般職公務員が、勤務条件の改善などを目的として結成する団体。労働組合に相当するが、勤務条件の改善やそれに付帯する福利厚生的活動に関するものを除き、交渉権・争議権は認められていない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょくいんだんたい【職員団体】

自衛隊,警察,海上保安庁,監獄職員,消防職員を除き,公務員は団結権と団体交渉権が保障されている。この団結権に基づいて,現業公務員は労働組合の結成が認められているのに対し,非現業・一般職の公務員は,〈職員団体〉の結成が認められている(国家公務員法108条の2,地方公務員法52条)。職員団体は,実質的には労働組合と異なる点は少ないが,争議権が与えられていないことのほか,団体交渉の結果を労働協約として締結しえず書面協定(法的拘束力が薄弱である)として締結しうるにすぎないこと(国家公務員法108条の5‐2項,地方公務員法55条2項),登録制度がとられ,国家公務員の職員団体の登録は人事院に,地方公務員のそれは,人事委員会または公平委員会に登録すること(国家公務員法108条の3,地方公務員法53条)とされている点などに相違がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょくいんだんたい【職員団体】

一般職の公務員が、勤務条件の維持・改善を目的として組織する団体。また、その連合体。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

職員団体の関連キーワードMSA保安隊海上保安大学校海上警備隊保安庁海上保安官管区海上保安本部特別司法警察職員海上保安留置施設仙台航空基地

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

職員団体の関連情報