名数(読み)めいすう

日本大百科全書(ニッポニカ)「名数」の解説

名数
めいすう

普通「3メートル」「500円」「700人」「9本」「1000羽」などのように、ある数に単位の名称や、ものの数え方を表す接尾辞(助数詞)をつけた語をさしていう。とくに、細長いものを数えるときに用いる「本」、鳥などを数えるときに用いる「羽」など、社会的習慣として用いられるものを名数として整理・登録することがあり、この場合は「ものの数え方」と同義に用いられる。ただし、いわゆる度量衡、貨幣の単位などは「ものの数え方」とは区別される。生物、物質の特徴によって数値の下に添える「ものの数え方」は、中国語の影響を受けて発達したもので、日本語の特徴の一つとなり、社会常識の一つとして伝承された。

 また「三羽烏(がらす)」「四天王」「七福神」「十干(じっかん)十二支」などのように、いつもある数をつけていう特定の内容をもった語を名数ということがある。古く漢籍では「戸籍」「人別帳」の意味にも用いられた。

[林 巨樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「名数」の解説

めい‐すう【名数】

〘名〙
同類のものをいくつかまとめ、一定の数をつけて呼ぶ名称。「二王」「三羽がらす」「四天王」「五常」「七福神」など。
※和漢名数(1678)序「王応麟著。小学紺珠十巻。数目具備。且張美和群書拾唾。既印行乎本邦。於名数又何贅言乎」
② 数学で、単位の名称や助数詞を付けた数。「二本」「一〇円」など。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕
③ 戸籍。人別帳。〔漢書‐高帝紀・下〕
④ 名をつけ数をそろえること。また、そのもの。
蔭凉軒日録‐長祿二年(1458)六月一一日「十境名数御覧也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「名数」の解説

めい‐すう【名数】

同類のものをいくつかまとめ、一定の数をつけて呼ぶもの。「三筆」「四天王」「七福神」など。
単位の名称や助数詞をつけた数。「一個」「二軒」「三人」「五本」の類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「名数」の解説

めいすう【名数 míng shù】

中国では三皇五穀,九族などと,事物に特定の数を添えて称える慣習があり,これを名数と称した。古くは事数ともいった。これら名数は時代や地域によって数え方が異なるので,初学者の遺忘に備え,読書の理解を助けるために編纂されたのが,宋の王応麟の《小学紺珠》10巻で,名数を天道,律歴,地理,人倫,性理,人事,芸文,歴代聖賢名臣氏族,職官,制度,器用,儆戒,動植の16類に分類配列し,典故をあげて諸説を列挙した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android