タマガシラ(読み)たまがしら(英語表記)unarmed dwarf monocle bream

  • Parascolopsis inermis
  • たまがしら / 玉頭

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硬骨魚綱スズキ目イトヨリダイ科に属する海水魚。千葉県以南の太平洋岸、日本海の南西海域以南、東シナ海、沖縄島、朝鮮半島南岸、台湾、フィリピン諸島、インドネシア諸島、東インド洋に広く分布する。体は楕円(だえん)形で、やや側扁(そくへん)する。上下両顎(りょうがく)には1列の円錐歯(えんすいし)があるが、犬歯がない。眼下部に弱い小棘(しょうきょく)があるが、大きな1棘がない。鰓耙(さいは)は塊状で、全数は9~10本。両眼間隔域の鱗(うろこ)は両眼の中央部を越えない。側線上方横列鱗(おうれつりん)数は3~4枚。頬(ほお)の横列鱗数は4枚以上。前鰓蓋骨(ぜんさいがいこつ)の遊離縁に鱗がないが、下縁に鋸歯(きょし)がある。臀(しり)びれの第2棘は第3棘より長くて強い。最大体長は約35センチメートル。体は淡紅色で、体側に4条の幅広い深紅色横帯がある。横帯の部分の各鱗の後縁は黄色で縁どられる。吻部(ふんぶ)と各ひれは黄色を帯びる。水深50~200メートルの沿岸の砂礫底(されきてい)や岩礁付近に生息する。おもに底生の無脊椎(むせきつい)動物を食べる。あまり多く漁獲されない。釣り、定置網、追込み網、刺網(さしあみ)などで漁獲される。やや美味で、汁物、刺身、フライなど家庭料理に用いられる。日本近海に分布している近縁種のキスジタマガシラは前鰓蓋骨縁辺に鱗があることで、アカタマガシラは鰓耙が長くて16~18本あることで本種と区別できる。[赤崎正人・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android