タマミクリ(読み)たまみくり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タマミクリ
たまみくり / 玉実栗
[学]Sparganium glomeratum Laest.

ミクリ科の多年草。高さ30~50センチメートル、茎や葉は直立して水面を抜き出る。茎は枝分れせず、茎の先に互いに密接して1、2個の雄性頭花と1~3個の雌性頭花をつける。雌性頭花は腋上(えきじょう)生、つまり葉腋より上につき、柱頭は長さ約1.5ミリメートル。池や沼に生え、中部地方北部以北の本州、北海道、および北半球の北部に広く分布する。名は、全体がミクリに似るが、頭花がミクリほど角ばらず、丸みを帯びることによる。[清水建美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android