コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タリム川 タリムガワ

大辞林 第三版の解説

タリムがわ【タリム川】

タリム盆地にある内陸河川。パミール高原と天山山脈に源を発し、タクラマカン砂漠の北辺を東流してロブ-ノールに注ぐ。上流にヤルカンド・カシュガルなどのオアシス都市がある。長さ2179キロメートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

タリム川の関連キーワードカシュガル(喀什噶爾)地区カシュガル(喀什噶爾)川ヤールカンド(葉爾羌)川ロプノール(羅布泊)湖アクス(阿克蘇)地区タリム(塔里木)盆地ロブ・ノール[湖]タリム(塔里木)川ロブ・ノール[湖]シャヤル(沙雅)県西域(せいいき)コンチ(孔雀)川タクラマカン砂漠パミール高原タリム[川]オアシス都市中央アジア史ロプノール新疆天山オアシス

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android