タルシーン神殿(読み)タルシーンシンデン

デジタル大辞泉の解説

タルシーン‐しんでん【タルシーン神殿】

Tarxien》地中海中央部の島国、マルタ共和国にある先史時代の巨石神殿。マルタ島東部、首都バレッタの南東約5キロメートルに位置する。紀元前3600年から2500年頃に建造され、渦巻きや家畜などの彫刻が施された四つの巨石構造物が残っている。動物のいけにえを神に捧げ、豊穣を祈る儀式などが行われた場所と考えられている。1980年と1992年に、マルタ島のイムナイドラスコルバタハジュラットハジャーイムゴゾ島ジュガンティーヤとともに「マルタの巨石神殿」として世界遺産(文化遺産)に登録された。タルクシェン神殿

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android