コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タルノボ憲法 タルノボけんぽうTǎrnovska Konstitutsiya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タルノボ憲法
タルノボけんぽう
Tǎrnovska Konstitutsiya

トゥルノボ憲法とも呼ばれる。ブルガリアの最初の近代憲法。オスマン帝国からの解放後,1879年4月 16日,タルノボで開かれた憲法制定会議採択。法の前の平等,男子普通選挙権,地方自治言論の自由,無償義務教育,人身と財産の不可侵,1院制議会などを定め,当時ヨーロッパで最も民主的な憲法の一つとされた。 81~84年一時効力停止,93,1911年に議会の権限縮小,34年クーデターで再び効力停止,47年正式に廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タルノボ憲法の関連キーワードブルガリア史カラベロフ四月蜂起

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android