人身(読み)ジンシン

デジタル大辞泉の解説

じん‐しん【人身】

人間のからだ。人体。
個人の身分身の上

にん‐じん【人身】

人間のからだ。じんしん。
「幸に―を得、要法をきく」〈沙石集・三〉

ひと‐み【人身】

生きている人のからだ。生身(なまみ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じん‐しん【人身】

〘名〙
① 人間のからだ。人体。にんじん。
※史記抄(1477)三「人身牛頭で手に草をもちて蓍伯と云ものに嘗させて薬をせらるる処をかいたぞ」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「蚤〈略〉此虫人身(ジンシン)を刺傷し」 〔顔氏家訓‐帰心〕
② 人の、個人としての身分や境涯。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕 〔世説新語‐賢媛〕

にん‐じん【人身】

〘名〙 人としての肉体。人間の体。じんしん。
※法華義疏(7C前)一「五戒得人身十善得天身」 〔北本涅槃経‐二三〕

ひと‐み【人身】

〘名〙 生きている人間のからだ。生身(なまみ)。「人身御供」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報