コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タルビオ Talvio, Maila

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タルビオ
Talvio, Maila

[生]1871
[没]1951
フィンランドの女流作家。『バルト海の娘』 Itämeren tytär (3巻,1929~36) など,歴史小説に秀作を残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タルビオ【Maila Talvio】

1871‐1951
フィンランドの女流作家。農村と都会の生活を対比させて,道徳的罪を糾弾する現実主義と新ロマン主義の中間的作品で作家活動を始める。1910年代に成熟期を迎え,S.ラーゲルレーブ流に童話風スタイルで,二つの家系の変遷を描いた《夜の目》(1917)が代表作。のち,歴史小説に移り,ヘルシンキ史に取材した三部作《バルト海の乙女》(1929‐36)が傑作。死後タルビオ文学賞が創設された。【高橋 静男】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

タルビオの関連キーワードマイラ タルビオ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android