コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タル・コアト Tal Coat, Pierre Louis Corentin Jacob

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タル・コアト
Tal Coat, Pierre Louis Corentin Jacob

[生]1905.12.12. ブルターニュ,クロアルカルノエ
[没]1985.6.12. ブルターニュ,クロアルカルノエ
フランスの画家。独学で絵画を修得し,製陶工場で絵付け職人として働き,1924年 19歳のときパリに出た。 31年フォルス・ヌーベルの活動に参加。第2次世界大戦中はプロバンスに住み,プリミティブ絵画を研究,45年パリに戻った。作風は抽象形態のなかに神秘性を表現し,東洋画,ことに中国の宋時代の絵画を思わせる。代表作『ドルドーニュの思い出』 (1955) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

タル・コアトの関連キーワードマーグ財団美術館

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android