コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タレントゥム

百科事典マイペディアの解説

タレントゥム

イタリア南東部のスパルタ植民市。ギリシア名タラスTaras。前8世紀末に建設され,前5―前4世紀マグナ・グラエキアの指導都市として栄えたが,前272年ローマに敗れ,その支配下に入った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タレントゥム
たれんとぅむ
Tarentum

イタリア南部、プーリア州の工業都市タラントのラテン語による古称。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタレントゥムの言及

【ターラント】より

…その発展は著しく,南イタリアで最も重要なギリシア植民都市となった。前280年にローマに征服されタレントゥムTarentumと呼ばれたが,ギリシア語やその文化は長い間保たれた。ローマ帝国崩壊後は蛮族の侵入を被り,ランゴバルド族とビザンティン帝国の争いの的となり,その後,アラブ,ノルマンと次々と支配者が交替し,15世紀にアラゴン王家のフェルディナンドによってナポリ王国に統合されたが,しだいに停滞に陥った。…

※「タレントゥム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タレントゥムの関連キーワードピロス(古代ギリシアのエペイロスの王)リウィウス・アンドロニクス総合年表(ヨーロッパ)クロトン(イタリア)レオニダス(詩人)アッピア街道アルキュタスポエニ戦争ラテン文学シバリスピュロス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android