コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タレントゥム

2件 の用語解説(タレントゥムの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

タレントゥム

イタリア南東部のスパルタの植民市。ギリシアタラスTaras。前8世紀末に建設され,前5―前4世紀マグナ・グラエキアの指導都市として栄えたが,前272年ローマに敗れ,その支配下に入った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のタレントゥムの言及

【ターラント】より

…その発展は著しく,南イタリアで最も重要なギリシア植民都市となった。前280年にローマに征服されタレントゥムTarentumと呼ばれたが,ギリシア語やその文化は長い間保たれた。ローマ帝国崩壊後は蛮族の侵入を被り,ランゴバルド族とビザンティン帝国の争いの的となり,その後,アラブ,ノルマンと次々と支配者が交替し,15世紀にアラゴン王家のフェルディナンドによってナポリ王国に統合されたが,しだいに停滞に陥った。…

※「タレントゥム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone