コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐熱鋼 たいねつこう heat-resistant(refractory) steel

3件 の用語解説(耐熱鋼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耐熱鋼
たいねつこう
heat-resistant(refractory) steel

高温でも機械的性質が安定し,耐食性などのよい鋼。炭素鋼は融点は高いが 500℃で急に強度が落ち,高温耐食性も悪いので,高温強度と高温耐食性保持のためニッケル Ni,モリブデン Mo,バナジウムV,チタン Ti,ニオブ Nb,タングステンW,および耐食成分クロム Cr,ケイ素 Siなどを添加した合金鋼。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

耐熱鋼【たいねつこう】

高温で強さを失わずまた耐食性にすぐれた鋼。クロム11〜13%およびモリブデンバナジウムなど少量を加えたフェライト系耐熱鋼,クロム15〜20%,ニッケル10〜25%およびモリブデンなどの少量を加えたオーステナイト系耐熱鋼に大別され,700℃以上の高温に対しては後者が用いられる。
→関連項目耐熱合金

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たいねつこう【耐熱鋼 heat resisting steel】

大気中および高温における耐酸化性と,500~800℃におけるある程度の強度をもつように設計・製造された鋼。耐熱鋼はその主たる組織によって,フェライト系とオーステナイト系に分けられる。フェライト系耐熱鋼クロム・モリブデン鋼から発展したものである。2.5%程度のクロムを含むクロム・モリブデン鋼は焼入れした後の焼戻しにおいて軟化しにくく,また400℃前後である程度の耐酸化性を有している。そこで,使用中に温度が上昇するような機械構造用部品のうち,過熱度の低い水蒸気ボイラー用のチューブとして使用されるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の耐熱鋼の言及

【耐熱材料】より

…そのため金属の耐熱材料開発は耐酸化性の強化を主眼になされてきた。鉄に多種の添加物を加えて作られる耐熱鋼は,フェライト系,オーステナイト系に大別され,前者で650℃,後者で800℃まで実用に耐える。本来酸素との反応性が大きい金属に耐酸化性,高強度をもたせる添加物は以下のように働いている。…

※「耐熱鋼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

耐熱鋼の関連キーワード気象光学酸化炎耐熱合金炭素循環ニクロムNOx耐酸大気科学肺胞ガス式大気圏,大気圏外空間,および海水における核兵器実験を禁止する条約

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

耐熱鋼の関連情報