コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐熱鋼 たいねつこうheat-resistant(refractory) steel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耐熱鋼
たいねつこう
heat-resistant(refractory) steel

高温でも機械的性質が安定し,耐食性などのよい鋼。炭素鋼は融点は高いが 500℃で急に強度が落ち,高温耐食性も悪いので,高温強度と高温耐食性保持のためニッケル Ni,モリブデン Mo,バナジウムV,チタン Ti,ニオブ Nb,タングステンW,および耐食成分クロム Cr,ケイ素 Siなどを添加した合金鋼。 500℃までは5 Cr,0.5Mo (以下数字は%) の鋼,650℃までは 13 Crおよび 18Cr-8Niのステンレス鋼などが使えるが,700℃になると Cr15~20,Ni15~30,Mo1~6にW,Nb,Tiを加えた特殊ステンレス鋼が必要で,これにはハイネス 88,ティムケン 16-25-6 (Cr-Ni-Mo) など種類が多い。これに Co20~30を加え,Mo,Wを増量した Co-Ni-Cr-Fe合金 (Fe15~25) は 750~800℃まで使用に耐える。これもリフラクタロイその他種類と名称が多い。用途により高温での耐クリープ,耐摩耗,耐食など要求が異なり,成分の寄与の仕方も複雑なので,温度耐性だけで性能は論じられないが,耐熱合金は一般にニッケル基,コバルト基の超合金より高温強度は劣る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たいねつ‐こう〔‐カウ〕【耐熱鋼】

高温度で用いても変形や腐食が起きない合金鋼。通常の鋼はセ氏400度以上に加熱すると強度が弱くなり、変形しやすくなるが、耐熱鋼はおおむね500度から800度でも十分な強度を保つ。モリブデン鋼クロムモリブデン鋼などが知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

耐熱鋼【たいねつこう】

高温で強さを失わずまた耐食性にすぐれた鋼。クロム11〜13%およびモリブデンバナジウムなど少量を加えたフェライト系耐熱鋼,クロム15〜20%,ニッケル10〜25%およびモリブデンなどの少量を加えたオーステナイト系耐熱鋼に大別され,700℃以上の高温に対しては後者が用いられる。
→関連項目耐熱合金

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいねつこう【耐熱鋼 heat resisting steel】

大気中および高温における耐酸化性と,500~800℃におけるある程度の強度をもつように設計・製造された鋼。耐熱鋼はその主たる組織によって,フェライト系とオーステナイト系に分けられる。フェライト系耐熱鋼はクロム・モリブデン鋼から発展したものである。2.5%程度のクロムを含むクロム・モリブデン鋼は焼入れした後の焼戻しにおいて軟化しにくく,また400℃前後である程度の耐酸化性を有している。そこで,使用中に温度が上昇するような機械構造用部品のうち,過熱度の低い水蒸気ボイラー用のチューブとして使用されるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の耐熱鋼の言及

【耐熱材料】より

…そのため金属の耐熱材料開発は耐酸化性の強化を主眼になされてきた。鉄に多種の添加物を加えて作られる耐熱鋼は,フェライト系,オーステナイト系に大別され,前者で650℃,後者で800℃まで実用に耐える。本来酸素との反応性が大きい金属に耐酸化性,高強度をもたせる添加物は以下のように働いている。…

※「耐熱鋼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

耐熱鋼の関連キーワードホンダNR(RC40E)セラミックコーティングクロム・モリブデン鋼タングステン合金メタルワン特殊鋼ニッケル合金マグネシウムコバルト合金日本金属工業ダイカスト岡本 正三東北特殊鋼粉末冶金クロム鋼藤田利夫析出硬化るつぼ鋼電気炉鋼電解加工耐熱材料

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android