コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンザン鉄道 タンザンてつどうTanzam Railway

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンザン鉄道
タンザンてつどう
Tanzam Railway

タンザニア東部のダルエスサラームザンビア中部のカピリムポシを結ぶ鉄道。中国の援助で 1970年 10月着工,75年 10月完成。ザンビアの鉄道の軌道幅に合せ,同国を,当時人種差別の白人政権であったローデシア (現ジンバブエ) の鉄道への依存から解放したのでグレートウフルレールウェー Great Uhuru Railway (ウフルはスワヒリ語で「自由」の意) とも呼ばれる。全長 1860km。うち 970kmがタンザニア領内にある。ザンビアの銅のほとんどがこのルートで輸出され,タンザニア側でも未開発地域に運輸の便が生じ,南西部の鉄鉱石,石炭埋蔵地帯への支線建設も計画されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タンザンてつどう【タンザン鉄道 Tanzam Railway】

東アフリカ,タンザニアのダル・エス・サラームからザンビアのカピリ・ムポシまで,延長1859kmの鉄道。ローデシア白人政府の一方的独立宣言(1965)に対抗して,ローデシアを通らずにザンビアの銅を搬出するために計画された。1970年にタンザニア,ザンビア,中国の三国間で協定書が調印され,中国の援助により建設された。鉄道建設費と機関車・車両購入費の総額約4億5000万ドルは無利子の借款によりまかなわれ,約2万5000人の中国人と5万人の現地アフリカ人の労働が投下されて,75年10月23日に正式に竣工した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

タンザン鉄道の関連キーワードダル・エス・サラームダルエス・サラームカウンダイリンガマラウイムピカムベヤ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android