タンヌ・ウリヤンハイ(英語表記)Tannu‐Uriangkhai

  • TannuUriangkhai

世界大百科事典 第2版の解説

モンゴリア西北部,タンヌ・オーラ山脈北方のウリヤンハイ族の居住地。現在のロシア連邦トゥバ共和国の占める地域を指す。ウリヤンハイ族は現在のトゥバ族に相当する。彼らはトルコ語系のトゥバ語を話すが,今までトルコ,モンゴルサモエード,ケートそれにアルタイ族を同化吸収してきたといわれる。人口は19万8400(1989)。大部分遊牧を営み,また狩猟農耕も行っている。この地域はモンゴル帝国元朝,ジュンガルなどの支配を経て清朝の支配に帰した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のタンヌ・ウリヤンハイの言及

【ウリヤンハイ】より

…一方,西部ウリヤンハイはジュンガルと清の支配を経て,1914年にロシアの保護領下に入り,61年ソ連のトゥバ自治共和国(現,共和国)を構成した。彼らトゥバ族はタンヌ・ウリヤンハイと称されることがあり,狩猟,牧畜,農業を営む。この仲間はモンゴル国のフブスグル湖周辺にも居住している。…

※「タンヌ・ウリヤンハイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android