コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンムサーレ Anton Hansen Tammsaare

世界大百科事典 第2版の解説

タンムサーレ【Anton Hansen Tammsaare】

1878‐1940
エストニアの作家。ヤルバマーの農家に生まれ,タルトゥ大学を中退後タリンで文筆生活に入った。彼の大河小説《死と正義》5巻(1926‐33)はエストニア文学の最高傑作である。ほかに《老人と若者》(1903),《蠅》(1917),《クルボヤの主人》(1922),《ドイツ人を愛した》(1935)などの作品があり,軽妙なリアリズムの手法で人生の苦悩を描いている。【小泉 保】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タンムサーレの関連キーワード大庭秀雄清水宏ファッション・ブックアフリカン・アメリカン音楽エリセ斎藤寅次郎島津保次郎新体制運動豊田四郎久松静児

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone