コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンムサーレ Anton Hansen Tammsaare

1件 の用語解説(タンムサーレの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タンムサーレ【Anton Hansen Tammsaare】

1878‐1940
エストニアの作家。ヤルバマーの農家に生まれ,タルトゥ大学を中退後タリンで文筆生活に入った。彼の大河小説《死と正義》5巻(1926‐33)はエストニア文学の最高傑作である。ほかに《老人と若者》(1903),《蠅》(1917),《クルボヤの主人》(1922),《ドイツ人を愛した》(1935)などの作品があり,軽妙なリアリズムの手法で人生の苦悩を描いている。【小泉 保】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タンムサーレの関連キーワードウエストニッパーバルト三国マエストロキフヌ島ハイウエストピーリッサール島ペイプシ湖テロリストに薔薇をクールバーグポルドマエ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone