タンロン遺跡(読み)タンロンイセキ

デジタル大辞泉の解説

タンロン‐いせき〔‐ヰセキ〕【タンロン遺跡】

Di tich Hoang Thanh Thang Long》ベトナムの首都ハノイの旧市街の西側にある遺跡群。タンロン(昇竜)はハノイの旧称。11世紀初頭から19世紀初頭にかけて、ベトナム諸王朝の都だった場所であり、城門や楼閣、宮殿の遺構などが残っている。長らく軍の管理にあったが、2005年より遺跡の一部が公開された。2010年、「ハノイのタンロン皇城の中心区域」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。ハノイ城昇竜城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android