コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターチャイ(大寨) ターチャイDazhai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ターチャイ(大寨)
ターチャイ
Dazhai

中国華北地方,シャンシー (山西) 省東部,シーヤン (昔陽) 県の村。ターチャイ人民公社のターチャイ生産大隊がある。ホワントー (黄土) 高原の東端をなすタイハン (太行) 山脈の西斜面にある。水利が悪く,水土流出の激しい地域で,小片の傾斜畑が多かった。 1953年合作社が結成されて以来,灌漑施設の建設,植樹,段畑の造成,土壌改良,品種改良などが行われ,トウモロコシ,アワ,小麦などの収量を急速に増大させた。リンゴ,ブドウ,ナシ,ナツメなどの果樹作が導入され,ブタ,ヒツジの飼養頭数も増加。 63年毛沢東主席が「大寨に学べ」と呼びかけて以来,全国の農業建設の模範とされ,文化大革命の末期には全国にターチャイ型の村を建設することが国の方針として定められた。文化大革命の終焉後は,63年以降の成果が誇大に宣伝され,実際には多くの問題点があったとして批判されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ターチャイ(大寨)の関連キーワードチンチョン(晋中)地区タイハン(太行)山脈シーヤン(昔陽)県

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android