ダイレクト測光(読み)ダイレクトソッコウ

デジタル大辞泉の解説

ダイレクト‐そっこう〔‐ソククワウ〕【ダイレクト測光】

TTL測光の一。露光中にフィルム面やCCDなどのイメージセンサーに当たる光を測光する。昭和50年(1975)にオリンパス光学工業(現オリンパス)が初採用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

ダイレクト測光

 レンズを通った光がシャッター幕面(とフィルム面)で反射するのをシャッターのほうに向いた受光部で測光する方式。1975年のオリンパスOM-2で初めて実用化された。ダイレクト測光のメリットは、実絞りで、しかもリアルタイムに測光できる点、ストロボの自動調光もTTL化できる点など。なかでもTTL自動調光は大きなメリットだったため、その後はほかの一眼レフメーカーも採用し、現在ではすべての一眼レフがダイレクト測光によるTTL自動調光機能を持つ。なお、ダイレクト測光は和製英語である。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android