コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイレクト測光 ダイレクトソッコウ

カメラマン写真用語辞典の解説

ダイレクト測光

 レンズを通った光がシャッター幕面(とフィルム面)で反射するのをシャッターのほうに向いた受光部で測光する方式。1975年のオリンパスOM-2で初めて実用化された。ダイレクト測光メリットは、実絞りで、しかもリアルタイムに測光できる点、ストロボの自動調光もTTL化できる点など。なかでもTTL自動調光は大きなメリットだったため、その後はほかの一眼レフメーカーも採用し、現在ではすべての一眼レフがダイレクト測光によるTTL自動調光機能を持つ。なお、ダイレクト測光は和製英語である。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

ダイレクト測光の関連キーワードオートストロボ外光式ダイレクト測光位相差検出法中央重点測光開放測光スポット測光多分割測光中央重点測光部分測光

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone