コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイレクト測光 ダイレクトソッコウ

デジタル大辞泉の解説

ダイレクト‐そっこう〔‐ソククワウ〕【ダイレクト測光】

TTL測光の一。露光中にフィルム面やCCDなどのイメージセンサーに当たる光を測光する。昭和50年(1975)にオリンパス光学工業(現オリンパス)が初採用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

ダイレクト測光

 レンズを通った光がシャッター幕面(とフィルム面)で反射するのをシャッターのほうに向いた受光部で測光する方式。1975年のオリンパスOM-2で初めて実用化された。ダイレクト測光のメリットは、実絞りで、しかもリアルタイムに測光できる点、ストロボの自動調光もTTL化できる点など。なかでもTTL自動調光は大きなメリットだったため、その後はほかの一眼レフメーカーも採用し、現在ではすべての一眼レフがダイレクト測光によるTTL自動調光機能を持つ。なお、ダイレクト測光は和製英語である。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

ダイレクト測光の関連キーワード顕微鏡

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android