コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央重点測光(読み)ちゅうおうじゅうてんそっこう

カメラマン写真用語辞典の解説

中央重点測光

 TTL測光のひとつで、画面全体に感度があるが、とくに画面中央部の測光感度が高く、周囲になるにしたがって感度がなだらかに落ちていく方式の露出計。もともとTTL測光は画面全体どの位置でも感度が均一の平均測光だったが、被写体が画面中央に配置される構図が多いため、中央の感度を高めた。ニコンのニコマートFTNが最初で、後に各メーカーが採用するようになった。現在の一眼レフカメラでは 多分割測光スポット測光 とともに3大測光モードとしてほとんどの機種に採用されている。なお、感度分布はメーカーによって異なるため、そのカメラのくせをつかむことが大切である。メーカーによって、中央部重点測光とか、中央重点平均測光などと呼ぶ。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android