コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダウエス・デッケル E.F.E.Douwes Dekker

世界大百科事典 第2版の解説

ダウエス・デッケル【E.F.E.Douwes Dekker】

1879‐1950
インドネシア民族主義運動の指導者。のちにスティアブディD.Setiabudiと改名。植民地文学者ムルタトゥーリの遠い親戚に当たり,東部ジャワの港市パスルアンにオランダ人を父とし,ドイツ人とジャワ人の混血児を母として生まれた。バタビア(現,ジャカルタ)のオランダ人高等学校を卒業した後,南アフリカのボーア戦争に従軍し,イギリスの捕虜としてセイロンの刑務所に2年服役し,1903年にジャワに帰った。07年ごろから政党結成を志し,ブディ・ウトモ設立に際しては青年たちを支援した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のダウエス・デッケルの言及

【ムルタトゥーリ】より

…オランダの文学者。本名はダウエス・デッケルEduard Douwes Dekker。遠洋航路の船長の子としてアムステルダムに生まれ,しばらく商館に勤務したのち,1838年父の帆船で東インドに赴いた。…

【東インド党】より

…1912年9月6日に結成されたオランダ領東インド(現,インドネシア)の政治団体。欧亜混血のジャーナリストE.F.E.ダウエス・デッケル,ジャワ人の医師チプト・マングンクスモ,ジャワ貴族の出身でのちのタマン・シスワ学校創立者スワルディ・スルヤニングラットという3人の卓越した民族主義運動指導者が発起人となり,〈オランダ領東インドのすべての住民〉を対象としていたが,実際には欧亜混血人がメンバーの大半を占めていた。政治団体であることを明言していたので,オランダ東インド政庁はその党則を認可せず,翌13年3月にこれを非合法団体と見なし,同年スワルディが当局を批判するパンフレットに発表した風刺論文〈もし私がオランダ人であったなら〉を理由に,3人の指導者をジャワ島外に追放した。…

【ムルタトゥーリ】より

…オランダの文学者。本名はダウエス・デッケルEduard Douwes Dekker。遠洋航路の船長の子としてアムステルダムに生まれ,しばらく商館に勤務したのち,1838年父の帆船で東インドに赴いた。…

※「ダウエス・デッケル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダウエス・デッケルの関連キーワードマックス・ハーフェラールチプト・マングンクスモムルタテューリオランダ文学東インド党インド党