ダシャクマーラチャリタ(読み)だしゃくまーらちゃりた(英語表記)Daśakumāracarita

日本大百科全書(ニッポニカ)「ダシャクマーラチャリタ」の解説

ダシャクマーラチャリタ
だしゃくまーらちゃりた
Daśakumāracarita

7世紀ごろのインドの小説作家ダンディン作のサンスクリット伝奇小説。『十王子物語』と訳される。グナーディヤの『ブリハットカター』に取材し、王子と宰相の子ら10人の冒険奇談を主題とし、中世インドの社会を描いて興味深い作である。現存の3編14章のうち、前編5章と後編1章は後世補遺である。

[田中於莵弥]

『田中於莵弥・指田清剛訳『十王子物語』(平凡社・東洋文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android