ダダイスム(英語表記)dadaïsm (フランス)

デジタル大辞泉 「ダダイスム」の意味・読み・例文・類語

ダダイスム(〈フランス〉dadaïsme)

第一次大戦中から戦後にかけて欧米に興った芸術運動既成のあらゆる芸術的・社会的価値体系を否定し、極端な反理性・反道徳主義を唱えた。文学ではツァラ美術ではデュシャンマン=レイなどが代表的。ダダイズムダダ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版 「ダダイスム」の解説

ダダイスム
dadaïsm (フランス)

第一次世界大戦後,フランス詩人中心に既成芸術をいっさい否定しようとした運動
詩人ではブルトンアラゴンエリュアール画家彫刻家ではアルプ・エルンストらがその代表者。新しい世代の反逆背景とし,のちのシュールレアリスムにつながる。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android