コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダダイスム 〈フランス〉dadaïsme

デジタル大辞泉の解説

ダダイスム(〈フランス〉dadaïsme)

第一次大戦中から戦後にかけて欧米に興った芸術運動。既成のあらゆる芸術的・社会的価値体系を否定し、極端な反理性・反道徳主義を唱えた。文学ではツァラ、美術ではデュシャンマン=レイなどが代表的。ダダイズムダダ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ダダイスム【dadaïsme】

第一次大戦中から戦後にかけて国際的に展開された芸術革命運動。理性を優位におく既成のあらゆる価値観を否定し、芸術の自由な発想と表現を目指した。反合理主義・反道徳の態度を特色とする。ダダイズム。ダダ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ダダイスムの関連キーワードアンチピリン氏の最初の天上の冒険フランシス ピカビアダダイスト新吉の詩シュールレアリスムハイセンビュッテルアサンブラージュダダイスティックシュビッタースエリュアールアポリネールノベチェントシュトラム野村 吉哉高橋 新吉武林無想庵モダニズムエルンストコラージュダダイスト未来主義

ダダイスムの関連情報