コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダヌー Danu

2件 の用語解説(ダヌーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ダヌー【Danu】

ケルト神話の女神。大地母神,生命の源の母神で,ダナDanaとも呼ばれるダヌーは巨人神族トゥアハ・デ・ダナーンTuacha De Danann(〈ダヌーを母とする種族〉の意)の祖である。アイルランドに渡来したこの神族はのちにマイリージア族に敗れ,アイルランドの妖精となる。この経緯は,アイルランド文芸復興期に,グレゴリー夫人《神々と戦士》(1904)などの文学作品の題材ともなった。【山本 泰男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダヌー
だぬー
Danu

アイルランドのケルト神話に現れる女神。ブリテン島ではドーンとよばれて豊饒(ほうじょう)をつかさどる大地神であるが、天神ビレ(ベリ)を夫とし、ダヌー神族の祖とされる。この神族では女神が支配的な意味をもつが、そのことは前インド・ヨーロッパ語族の遺産とされる。ダヌーの子らは優れた文化の担い手で、鍛冶(かじ)神ゴイブニュは神々の武器をつくるだけでなく、不死のビールを醸し、また建築の神でもある。このほかに、ローマのユピテルに比せられる「銀手のヌアダ」、諸芸の神グウィディオン、女神アリアンロッド、農業神アマエトン、大地の神で不思議な大鍋(なべ)の持ち主ダグダ、詩の神ブリギト、海神マナナンなどがダヌー神族に属する。[谷口幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のダヌーの言及

【ケルト人】より

…なかでもアイルランドの祖先といわれるマイリージアに敗れたトゥアハ・デ・ダナーンTuatha Dé Danann(女神ダヌーの種族の意)がしだいに神格化されていった。ダヌーDanuは豊饒と富の女神,ルーLughは太陽・光・知恵の神,リルLirは息子マナナンMananannと共に海の神であり常若(とこわか)の国の王である。またダグザDagdaは大地の神であり,オグマOgmaは雄弁・詩歌の神で,ケルト最古の文字オガム(オガム文字)の発明者とされ,エーンガス・オグAngus Ogは美・若さ・愛の神で,ヌアザNuadaは戦いの神でありモリガンMorriganは死と血を求め戦場を飛び回る戦いの女神とされ,これらの神々にまつわる話がさまざまに伝えられている。…

【ケルト人】より

… 《侵略の書》によれば,前1500年ころ,相次いで5部族(パーソロン,ニュブズ,フィルボルグ,トゥアハ・デ・ダナーン,マイリージア)が渡来したと伝えられ,各部族の戦いによる支配交代の歴史が,古代神話を形づくっている。なかでもアイルランドの祖先といわれるマイリージアに敗れたトゥアハ・デ・ダナーンTuatha Dé Danann(女神ダヌーの種族の意)がしだいに神格化されていった。ダヌーDanuは豊饒と富の女神,ルーLughは太陽・光・知恵の神,リルLirは息子マナナンMananannと共に海の神であり常若(とこわか)の国の王である。…

※「ダヌー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダヌーの関連キーワードアフロディテアルテミスウシャスガイアクロノスビーナスヒュプノス地母神アルママータ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダヌーの関連情報