コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダハシュール Dahshūr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダハシュール
Dahshūr

エジプトのカイロの南方約 35km,ナイル川西岸にある遺跡。砂漠の台端に第4王朝 (前 2613頃~2494頃) のスネフル王の2基のピラミッド,第 12王朝 (前 1991~1786) のアメンエムヘト2世セソストリス3世,アメンエムヘト3世のピラミッドがある。スネフルの2基はおよそ 2kmの間隔をおいて位置するが,北のものは最初の真正ピラミッドであり,南のものはベント (屈折) ピラミッドとして名高い。第 12王朝の3基はいずれも崩壊が著しく,原形をとどめていないが,墓域内にある王女たちの墓からは,1894~95年に J.モルガンによって多数の貴金属,宝石を使った装身具が発見されている。メンフィスの遺跡,ギザのピラミッド群とともに,1979年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ダハシュール(Dahshur)

エジプト、ナイル川下流西岸にある古代エジプトの王墓群(ネクロポリス)。現在の首都カイロの南約40キロメートルに位置する。古王国時代のスネフル王が建設した屈折ピラミッド赤いピラミッドが知られる。1979年、「メンフィスとその墓地遺跡、ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。ダフシュール

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ダハシュールの関連キーワードメンフィスとその墓地遺跡メンフィス(古代エジプト)メンカウラー王のピラミッドカフラー王のピラミッドジェセル王のピラミッドギザの三大ピラミッドクフ王のピラミッドエジプト建築セソストリス中王国時代エジプト史サッカラダフ