コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダバダ火振

2件 の用語解説(ダバダ火振の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ダバダ火振

高知県、株式会社無手無冠(むてむか)が製造する焼酎。原料に栗を使用。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ダバダひぶり【ダバダ火振】

高知の栗焼酎。酒名は、村人の集いの場である「駄場」と、夜間に行われる四万十川の鮎漁「火振り漁」を合わせて命名。原料の約50%が地元特産の栗。原料は栗、麦、米、米麹。アルコール度数25%。蔵元の「無手無冠」は明治26年(1893)創業。清酒「無手無冠」の醸造元。所在地は高岡郡四万十町大正。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダバダ火振の関連キーワードいごっそう火中の栗を拾う栗焼桂月集いとさ古丹波媛囃子宮の舞ムコンネ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダバダ火振の関連情報