ダラブッカ(英語表記)darabukka

  • 〈アラビア〉darabukka

百科事典マイペディアの解説

西アジアのイスラム世界に広く分布する杯型片面太鼓の総称。胴は陶製,金属製など。小脇にかかえたり両膝ではさむなどして,両掌と指を使ってさまざまな音色を出す。もっぱら民俗音楽の合奏の伴奏楽器であるが,イランでは芸術音楽にも使う。イランではドンバックdombak,ザルブzarbと呼ばれ,木製胴。トルコではデュンベレックなどと呼ばれ,今では金属胴のものが多い。モロッコやアルジェリアではデルボッカderboka。
→関連項目ザルブ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のダラブッカの言及

【ダルブッカ】より

…酒杯の形をした一面太鼓。ダラブッカdarabukkaともいう。中東,北アフリカのイスラム地域に広く分布する。…

※「ダラブッカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android