コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダルダノス Dardanos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダルダノス
Dardanos

ギリシア神話で,トロイの王家の祖先,同市の建設者とされる英雄。ゼウスエレクトラの子で,最初サモトラケに住んでいたが,洪水にあって対岸の小アジア海岸に逃れ,そこで土地の王テウケルの娘バティエイアと結婚し,テウケルの死後,彼の名にちなみダルダニアと呼ばれることになるこの地方を支配し,トロイの城市を建て,イロスなどの子を残したとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のダルダノスの言及

【トロイア戦争】より

…トロイアの地に拠る王家には,戦争の時代に至るまでに次のような人物が属する。王朝の開祖はダルダノスDardanosとされ,トロイアの名祖トロスTrōsはその孫に当たる。彼の3人の息子はイリオン(トロイアの別称)の名のもとになったイロスIlos,アッサラコスAssarakos,ガニュメデスである。…

※「ダルダノス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ダルダノスの関連キーワードダーダネルス海峡パラディオントロイア戦争ギリシア神話

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android