ダルバ草(読み)ダルバそう(英語表記)darbha[サンスクリツト]

世界大百科事典 第2版の解説

ダルバそう【ダルバ草 darbha[サンスクリツト]】

インドの宗教儀礼の中でさまざまに用いられ,聖草とされる植物。クシャkuśa草とも呼ばれる。代表例としてEragrostis cynosuroidesが同定されるが,時代,地方の差によりさまざまな類似の植物が利用されてきた。特に浄化力(悪しき力をはらう作用)が強調され,ベーダの祭式では祭場,祭火にまいてこれを清め,また祭具に加工されソーマ酥油(ギー)を清める濾過器として,祭場を掃き清めるとして,神々を請し供物をささげる皿を置くための座としてなど,さまざまに用いられる一方,《アタルバ・ベーダ》の呪法から現代の民俗の中にまで見られる護符としての使用法(編んで腕輪にする)も重要である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android