コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダルバ草 ダルバそうdarbha[サンスクリツト]

世界大百科事典 第2版の解説

ダルバそう【ダルバ草 darbha[サンスクリツト]】

インドの宗教儀礼の中でさまざまに用いられ,聖草とされる植物。クシャkuśa草とも呼ばれる。代表例としてEragrostis cynosuroidesが同定されるが,時代,地方の差によりさまざまな類似の植物が利用されてきた。特に浄化力(悪しき力をはらう作用)が強調され,ベーダの祭式では祭場,祭火にまいてこれを清め,また祭具に加工されソーマや酥油(ギー)を清める濾過器として,祭場を掃き清める箒として,神々を勧請し供物をささげる皿を置くための座としてなど,さまざまに用いられる一方,《アタルバ・ベーダ》の呪法から現代の民俗の中にまで見られる護符としての使用法(編んで腕輪にする)も重要である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ダルバ草の関連キーワードEragrostis cynosuroidesクシナガラ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android