コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンデノン丘陵 ダンデノンキュウリョウ

デジタル大辞泉の解説

ダンデノン‐きゅうりょう〔‐キウリヨウ〕【ダンデノン丘陵】

Dandenong Ranges》オーストラリア、ビクトリア州南部の丘陵地帯。メルボルンの東約35キロメートル、標高663メートルのダンデノン山とその周辺一帯を指す。森林や渓谷などの自然景観に恵まれ、国立公園がある。また1900年代初頭に建設されたバッフィンビリー鉄道は蒸気機関車が運行することで有名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ダンデノンきゅうりょう【ダンデノン丘陵】

オーストラリア第2の都市メルボルンの南東約70kmに位置する、標高約600mの緑豊かな丘陵。ハイキングエリア、避暑地として人気があり、おしゃれなレストラン、カフェ、B&Bも多い。◇ダンデノン丘陵を走るパッフィングビリーの蒸気機関車に乗ることもできる。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

ダンデノン丘陵の関連キーワードメルボルン展望台

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android