コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェカ Cheka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェカ
Cheka

ベチェカとも呼ばれる。「反革命,サボタージュおよび投機取締り全ロシア非常委員会」の略称。レーニンの率いるボルシェビキが権力奪取に成功した 1917年の十月革命の直後,12月 20日 (旧暦7日) に組織され,新政権に反対する政治,軍事闘争や,政府職員,労働者,農民のサボタージュなどを取締った秘察警察。国内戦が終了して新政権の基礎が固まるとともに,チェカの役割も変り,22年ロシア共和国内務人民委員部 (内務省) の管轄下の国家政治保安部GPU (ゲーペーウー) に改組された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チェカの関連キーワードゼムリャ・フランツァ・イオシファロジャー[ソールズベリー]ソビエト連邦史(年表)ジェルジンスキーゲー・ペー・ウーウォロシーロフ国家保安委員会ゼルジンスキーブルガーニン手取植物群成羽植物群NKVDベチェカチェカー思想警察ヤゴダオカ川

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チェカの関連情報