コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェスキーシュテルンベルク城 チェスキーシュテルンベルクジョウ

デジタル大辞泉の解説

チェスキーシュテルンベルク‐じょう〔‐ジヤウ〕【チェスキーシュテルンベルク城】

Hrad Český Šternberk》チェコの首都プラハ郊外にあるゴシック式の城。プラハの南約40キロメートル、サーザバ川を見下ろす崖の上に位置する。13世紀に同地方の有力貴族(後のシュテンベルク家)により建造。17世紀の三十年戦争で大きな被害を受け、城内バロック式に改修された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

チェスキーシュテルンベルクじょう【チェスキーシュテルンベルク城】

チェコの首都プラハにある城。プラハの南40kmの森の中に位置する、同国で最も古いお城の一つで、240年の歴史があるシュテンベルク家の貴族が現在も居住している。城内はシャンデリアや壁装飾、調度品などのインテリアがすばらしく、美術品や昔の貴族が所有していた貴重品などを展示している。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

チェスキーシュテルンベルク城の関連キーワードチェコ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android