コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェラプンジ Cherrapunji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェラプンジ
Cherrapunji

インド北東部,メガラヤ州南部の村。シロン南西約 56km,カーシ丘陵南面に位置。 1864年シロンへの遷都まで,一時,地区政庁がおかれていた。住民はおもにカーシ族。モンスーンによる多雨地域で,61年に年降水量2万 2987mmを記録。年平均降水量は1万 60mmで,世界最多雨地域の一つ。階段耕作による米作をはじめ,バナナ,パイナップル,スモモ,柑橘類などの果物生産が行われる。人口 7883 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

チェラプンジ(Cherrapunji)

インド東部、メガラヤ州南部の町。州都シロンの南約50キロメートル、カシ丘陵の南斜面に位置する。南西モンスーンが吹き付ける世界的な多雨地域として知られ、1860年に2万6461ミリメートルという年間降水量の世界最多を記録した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

チェラプンジ

インド北東部,メガラヤ州南部カーシ山地南麓の世界最多雨地。年間平均降雨量1万1437mmで,1861年には世界最多の2万6465mmを記録している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チェラプンジ【Cherrapunji】

インド北東部,メガラヤ州の州都シロンの南西約50kmに位置する小都市。世界的な多雨量記録地の一つとして有名。東西走するカーシ丘陵南斜面上の高度1250mにある。周辺は南西に谷が開け,ここに5~9月の南西モンスーンが引き寄せられて吹きつけるため,1931‐60年の30年平均の年降水量は1万1437mm,また1860年8月~61年7月の1年間には2万6465mmを記録した。月量でも1861年7月には9294mm,日量では1876年6月14日に1034mmの記録をもつ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェラプンジ
ちぇらぷんじ
Cherrapunji

インド東部、メガーラヤ州南部の町。州都シロンの南48キロメートル、カシ丘陵南面の標高1400メートルに位置する。人口6104(1981)。世界的な多雨地として知られ、年降水量は1万ミリメートルを超え、1861年には2万3000ミリメートルを記録した。近くに石炭、石灰岩の鉱山がある。[中山晴美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android