チヂミ

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

チヂミ【(朝鮮)】

朝鮮料理の一つ。小麦粉を水で溶き、えび・いか・牡蠣(かき)などの魚介類、ねぎ・にんじんなどの野菜、キムチなどの具材を混ぜ合わせ、お好み焼きのように平たくのばして焼いたもの。仕上げに溶き卵をかけて焼き上げることも多い。しょうゆ・酢・ごま油などを混ぜたたれにつけて食べる。◇韓国南東部の慶尚道(キョサンド)地方の方言で「焼いたもの」の意。朝鮮語では「ジョン」または「プチムゲ」というが、日本では「チヂミ」のほうが一般的。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

チヂミ

〔朝鮮語〕
朝鮮風お好み焼き。小麦粉や卵で作った生地に、野菜や魚介類などを加えて薄く焼き、チョジャン(辛口酢味噌)をつけて食べる。パジョン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チヂミの関連情報