チフビン(英語表記)Tikhvin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「チフビン」の解説

チフビン
Tikhvin

ロシア北西部,レニングラード州の都市。サンクトペテルブルグの東南東約 200kmにあり,チフビンカ川に臨む。1560年創建のチフビン修道院のまわりに形成された町で,19世紀初めのチフビン水路の開発により商業中心地として発展した。木材,化学,食品などの工業がある。ウスペンスキー大聖堂 (16~18世紀) が現存している。作曲家リムスキー=コルサコフの生地で,その生家は記念博物館となっている。サンクトペテルブルグボログダを結ぶ幹線鉄道が通る。人口 7万1800 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「チフビン」の解説

チフビン【Tikhvin】

ロシア連邦北西部,レニングラード州東部の都市。人口7万2000(1993)。サンクト・ペテルブルグの東方200km,ボルガ川バルト海に結ぶ水路であるチフビンカ川に臨む。木材化学,食品工業,小間物生産,製菓業がある。付近にボーキサイト鉱山もある。1560年に修道院が建立されたのが町の起源。1941年11月から12月にかけての第2次世界大戦中の独ソ戦でのヒトラー軍に対するチフビン作戦の成果は,ソ連軍の対ドイツ戦史の中で大きな評価を得ている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android